スキップしてメイン コンテンツに移動

散歩記/電子ペーパーにグーグルカレンダーを表示するマジックカレンダー

散歩の日

これと言って急ぎの用事がない今日は、先日までのジョギングでいたくなった膝をいたわりながら、長めの散歩に出かけることにした。ちょっと息が上がるぐらいのウォーキングが良いと思うのであるが、膝も痛いし田舎とは言っても自動車の通りもあるアスファルトの道路であるからやはり周りに気を使いながら散歩している。これまでは音楽を聞きながらリズミカルなウォーキングを良しとしていたが、最近の耳の聞こえが落ちているのを実感していて、イヤホンの使いすぎを控えるようにもしている。すっかりおじいちゃんの私である。

道すがら

家を出てからすぐにパチンコの駐車場を抜けてショッピングセンターHの脇を通り過ぎると、いつもの喫茶店まですぐに着いてしまう。コメダ珈琲である。コメダは昨日も来てシロノワールの上等な品である小倉ノワールという菓子を食べたばかりであった。連日のコメダ詣りも健康的でないように感じて、もう少し先の大型ショッピングモールAまであるくことにする。道すがらの風は温かく、空も明るく春一番を過ぎていることが実感できる晴天であった。春一番というといまだに、雪が解けて川になって流れてゆきます。もうすぐ春ですねえ。という古典音楽を思い出すようでは老いた化石40歳代である。化石男子。草食男子が草なら食べるのに対して化石男子は、もはや石と化して草すら食むことのない初老男子の実態である。

ショッピングモールA

ショッピングモールAに着くと、買い物をする金のない私は、暇つぶしに本屋へ入った。本屋では村上春樹氏の本が特設コーナーに平積みされていたり、直木賞を受賞した恩田氏の本が目に入る。それもタイトルだけ読んで読む気も起こらない。最近、気になる本屋のコーナーは運動と筋トレである。かといって本格的にジョギングする力も残っていない私には凹んだウエストにあこがれるだけで運動は無理だと諦めているのだった。ショッピングモールでもう一か所見ているのが、マフラー売り場である。もう三月目前で、マフラーなど必要ないのだが、来シーズンに向けてお買い得なマフラーを欲しいのだ。しかし、敵もサルもの。まだ、なかなか安くしてくれてない。


寺社仏閣

地元で有名な古刹にも散歩してみた。ゴールデンウィークなら大勢の観光客でにぎわう古刹であるが誰もいない。次いで古本屋を覗いてみる。昔はそれでも活気のあった古本屋であったが、今はゴミ屋敷に近い。売れる気配はない。怪しげなオタク青年が出入りしているが、却って入りづらいのだ。


温泉

ランチは自宅に戻って、ラーメンを食べると、すぐに午後の散歩に出かける気になった。それほど今日という日は天気も体調もスケジュールも絶好の散歩日和だった。午後の散歩も似たようなコースなのだが、手ぬぐいを持って温泉へ出かけた。足が痛いし、血液の流れが悪いのではないかと思い、温泉へ湯治に出かけることにしたのだ。以前、友人にもらったグルコサミンとコンドロイチンもサプリで補給している。温泉では、40度級の熱い湯と37度級のヌルい湯でゆったりとした。露天温泉で寒気と湯ですっかりノボセあがった頭をアイスで冷やして湯を上がってからもゆったりとしていた。

買い物

仕事術の雑誌を本屋で読んで、ちょっと物欲がムラムラしてきたので大き目の古本屋へ帰りに寄ることにした。仕事術って言っても、プレゼンテーションをやる訳でも、営業で指名買いされるわけでもない。単に仕事の書類等の整理法だけだ。書類は紙で読まなければ読んだ気にならないが、整理するときにはデジタルでないとすぐに場所を塞いでしまう。デジタルの書類データと紙の印刷物と手書きのメモをリンクして探しやすいようにインデックスを付けるというところが知りたいのだが、うまくいかない。書類の写真を撮ってそれを電子データ化して、必ず同じ位置に日付とテーマを書いておくというやり方を徹底するぐらいである。ついでもエクセルのコツが載っている雑誌も買ってしまう。

本屋

本屋で、ポパイの20歳の頃何してた?という特集で井上陽水氏のインタビューを読んでみた。浪人時代の楽天的な青春時代と南国的な血の影響を感じているという記事に改めて読み入った。それ以外に日経サイエンスでうつ病は運動で治るという記事が、面白かった。運動はごく軽いものよりも少し負荷のかかる程度が良いようだった。散歩よりもジョギング、それよりもテニスやサッカー。息が上がってしゃべれない程度の運動を9週間以上続けることで薬と同等に効果があるようなのだ。

北杜夫

オーディブルでアマゾンの無料サービスに申し込んでいた。北杜夫のどくとるマンボウ回想記を聞いてみた。おじいちゃんで、サラブレットでどことなくユーモアがあって、品がいい。東京のお金持ちの楽しそうな生活や外遊も溌剌としていた。軽井沢の別荘というイメージがなんともカッコいい。今日のブログの口調は北氏を真似してみた。上記の温泉はスーパー銭湯なのだが、一応源泉かけ流しらしいので温泉と書いてみた。すべては散歩の戯言である。


マジックカレンダー

グーグルカレンダーを電子ペーパーで貼りだせるようなガジェット化する「マジックカレンダー」が登場間近らしい。http://gigazine.net/news/20170222-magic-calendar/
紙のカレンダーとグーグルカレンダーを繋ぐガジェットは素晴らしい。すごく欲しい。今のうちにグーグルカレンダーの方をもう少し書き込んで準備しておこう。電子ペーパーはカラー表示もできるモノを採用して、充電はほとんど不要な利点を活かしている。白い画面も紙のカレンダーに近い質感を目指しているらしい。細かいこだわりはいいから、とにかく、いますぐ欲しい。


















コメント

このブログの人気の投稿

リモートアクセスのアプリ比較/スプラッシュトップとクローム・リモート・デスクトップ

リモートアクセスは在宅勤務のキーテクノロジーだ。
会社オフィスのPCに、在宅のPCからアクセスして会社の仕事を自宅で遂行するのだ。
在宅のPC側に情報漏洩がないこと。
モバイル端末からも会社のオフィスPCにアクセスできること。
ヘルプがしっかりしていて、大企業での安定した使用に耐えられる。
セキュリティが盤石であること。
が求められている。


昨日までの私。

興味がある技術は、在宅勤務・テレワークの技術。仮想デスクトップっていうのがキーワード。情報を自宅の端末PCに残さずに会社のPCにアクセスして仕事をする機能。情報漏洩が気になる会社でも、在宅勤務をしやすくなる技術らしいのだが、実態はさっぱり分からない。

今日からの私。

スプラッシュトップというリモート・デスクトップのためのアプリをドコモが販売しているらしいという記事を見て、ようやくリモートデスクトップに目覚めた。

https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/splashtop/

Splashtop Business Lite | サービス・ソリューション | 法人のお客さま | NTTドコモ
NTTDOCOMO.CO.JP




スプラッシュトップの日本語ページはココらしい。
http://www2.splashtop.com/ja/content/%E6%9C%80%E9%AB%98%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA-ipad-%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9

スプラッシュトップは英語版でダウンロードする。

英語版のトップはビジネス用だから、パーソナルをクリック。
https://www.splashtop.com/personal

パーソナルは無料でダウンロードできるが、5台のPCで非営利利用であることが条件。
それ以上の使用はビジネスをダウンロードすると…

無職やニート、引きこもり、発達障害、精神障害者のためのボランティア当事者活動のビジョン

無職やニート、引きこもり、発達障害、精神障害者のためのボランティア当事者活動をしている。
将来はどうしたいか? 金を儲けて、仕事を作って職場を作るっていうビジョンがどうしても社会では求めらています。 単に電話相談や対面相談をしていても、ボランティア団体どまりです。

人材と資源の循環型社会。人材資源のリサイクルを目指していきたいという思いがあります。例えば、人材マッチング業、人材再教育業、職場体験による人材教育、就職支援、その後の職場定着支援。
核になる業務は掃除やメンテナンス、資源回収業になるだろう。
付随的に、掃除の中でも洗剤や石鹸を活用した清掃ノウハウの販売を含めて、 健康と環境にやさしいメンテナンス業務。
さらに、WEBページでの人材紹介や美化、環境、清掃、人材再教育を通じて社会に貢献。
教育が進めば、WEB業務の教育、英語教育も出来たらいいと思う。
愛知県名古屋圏での生活者は200万人規模を超える。 その5%は障害を抱えている。 1%はメンタルの障害やひきこもり経験をしていると推定している。
それは今は顕在化してなくても超高齢化社会で親が要介護状態、または親亡きあとに大きな問題となることは明らかだ。
コミュニティとして支援すべき課題。
超高齢者社会、引きこもり支援には、自動車の運転難民もいる。仕事に就けない障がいもある。外出支援、コミュニケーション支援、移動支援、通勤支援、買い物支援など、さまざまなニーズがある。
電車とバスという既存の公共交通機関でも 自家用車でも移動に不自由を感じている人は潜在的に多い。
インターネットで効率的にマイクロバス、ワゴンを活用して移動支援を効率化できないだろうか??
名古屋の東は割と福祉、生活面が恵まれている。 それに対して北・西部が過疎や地盤沈下が激しい。
補助的業務への就職支援をする上でも移動支援、通勤支援が必要な人もいる。
電話で相談を受けるだけでも、対面で相談を聞くだけでも将来は変わらない。
もっと労働力不足、福祉財源不足を解決する新しい公共、新しい公助、共助を考えるべきだ。広域で愛知県内の困りごとを総合的に解決する糸口が、、
清掃会社とWEBと洗剤製造と資源回収と通勤移動支援だ。
就職困難者を組織化して、困りごとの声を吸い上げて、具体的な支援をかたちにしていきたい。
障がいがあってもできる仕事、やりたい仕事に就ける…

一年間で事務仕事をクビになって分かった職場の不条理と自分の特性

一年間で事務仕事をクビ分かった職場の不条理と自分の特性
一年間で事務職を首になりました正確には3月に始めて6月末には更新しないこと決定でした。5月末に試用期間が終わる時点でかなり、雇用主側が迷ったらしい。 判断するのは、早すぎてその後の数か月間は、消化試合でした。
なにか、間違いや修正点があるたびに、 私なりに改善策を出しても
こだわりが強い特性 注意欠陥な特性。 現実見当がない。
と否定的な見方をずっとされてきました。 たしかに、結果としてミスはあったけれど、 ミスを防ぐ工夫をさせてくれないで、ただただ、ミスするなというのは精神論でしかない。 具体的にミスをしない工夫や知恵や努力をする時間をくれないので、進まなかった。

できなかったこと。
1)入力とチェックは分けないとできない。 2)チェックはエクセルの機能を使いたい。日数計算や色分け表示などが禁止。 3)ワードは、様式を崩さずに所属氏名を入力するのに不向き。 4)ワード文書の見栄えについて感覚的で曖昧な指示で分かりにくい。 5)エクセルの機能が使用できず。データサイズが大きくなるのが禁止。 6)データをチェックするマニュアルがないと、チェックできない。 7)チェックする方法を含めて指示して欲しい。 8)作業のマニュアルが不完全だと逆に混乱する。どっちが正しいか分からない。 9)ルールがどっちか曖昧な指示だと混乱する。 10)電話してメールで確認がベストだけど、電話だけで済まそうとする人が多い。 11)エクセルで作るとワードで作れと言われる。 12)PDFと同じものをパワーポイントで作り直す無駄に納得感がない。 13)