スキップしてメイン コンテンツに移動

懐メロを聴くとき、古い歌手を聴くとき

40代から耳の老化は始まっている。
最近の音楽が、つまらなく感じられたリ、
過去の音楽に新鮮さを感じられなくなったりする。

それは耳の老化のせいかもしれない。
高音を強めて再生してあげると、

過去の思い出が甦るように思える。

ああ、昔、この曲、この歌は、こんな印象で聴いたって
思えるんです。

最近の若い歌手を聴くときと

40代、50代以上のベテラン歌手を聴くときでは
音質を調整しないと、
素直に比較しては、可哀想だ。

ヒントは、加齢によって耳が高音を聞こえにくくなる。

最近のAV機器は重低音を強調しているように聞こえる。

昔から本格オーディオや生音バンドで聴いていた人は、
別として、

私は安いラジカセで育ったので、
今のオーディオの重低音がずっと不快だった。

「9.5カラット」という井上陽水のアルバムがあるが、

当時は軽く歌っているっていう評価だったように思う。

あれは、20代以下には軽く、40代の陽水と同世代には
ぴったりの音質に設定されていたのではないかと推測している。


その後の陽水さんのアルバムは全体的に重低音が強くなって、

もごもごした印象で、清新な印象はなくなっていった。
大人の深く重い声だと思っていた。

しかし、それは私の耳の老化
陽水さんの耳、レコーディングエンジニアの耳の調整
オーディオの進化など
の影響がありそうだ。

どのアルバムで、どのくらいイコライザーが必要か?

どのオーディオが、一番最高の音を再生するか?

20代以下の耳が正しいのか?
30代以上の耳が成熟しているのか?

音楽から受ける印象で評価したり、
音質を可視化する技術で評価したりできる。

音楽を熱心に聞いていた20歳の頃の感性を信じたい。

あの頃、聞こえた音を再現したい。

感動も再現できそうな気がする。

古い歌手を聴くとき、
古い歌手が懐メロを歌うのを聴くとき、

高音を強調すると、喉の詰まりまで聞こえるようなときがある。
それは、下手になったなあと思うのも良いだろう。

コメント

このブログの人気の投稿

リモートアクセスのアプリ比較/スプラッシュトップとクローム・リモート・デスクトップ

リモートアクセスは在宅勤務のキーテクノロジーだ。
会社オフィスのPCに、在宅のPCからアクセスして会社の仕事を自宅で遂行するのだ。
在宅のPC側に情報漏洩がないこと。
モバイル端末からも会社のオフィスPCにアクセスできること。
ヘルプがしっかりしていて、大企業での安定した使用に耐えられる。
セキュリティが盤石であること。
が求められている。


昨日までの私。

興味がある技術は、在宅勤務・テレワークの技術。仮想デスクトップっていうのがキーワード。情報を自宅の端末PCに残さずに会社のPCにアクセスして仕事をする機能。情報漏洩が気になる会社でも、在宅勤務をしやすくなる技術らしいのだが、実態はさっぱり分からない。

今日からの私。

スプラッシュトップというリモート・デスクトップのためのアプリをドコモが販売しているらしいという記事を見て、ようやくリモートデスクトップに目覚めた。

https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/splashtop/

Splashtop Business Lite | サービス・ソリューション | 法人のお客さま | NTTドコモ
NTTDOCOMO.CO.JP




スプラッシュトップの日本語ページはココらしい。
http://www2.splashtop.com/ja/content/%E6%9C%80%E9%AB%98%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA-ipad-%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9

スプラッシュトップは英語版でダウンロードする。

英語版のトップはビジネス用だから、パーソナルをクリック。
https://www.splashtop.com/personal

パーソナルは無料でダウンロードできるが、5台のPCで非営利利用であることが条件。
それ以上の使用はビジネスをダウンロードすると…

無職やニート、引きこもり、発達障害、精神障害者のためのボランティア当事者活動のビジョン

無職やニート、引きこもり、発達障害、精神障害者のためのボランティア当事者活動をしている。
将来はどうしたいか? 金を儲けて、仕事を作って職場を作るっていうビジョンがどうしても社会では求めらています。 単に電話相談や対面相談をしていても、ボランティア団体どまりです。

人材と資源の循環型社会。人材資源のリサイクルを目指していきたいという思いがあります。例えば、人材マッチング業、人材再教育業、職場体験による人材教育、就職支援、その後の職場定着支援。
核になる業務は掃除やメンテナンス、資源回収業になるだろう。
付随的に、掃除の中でも洗剤や石鹸を活用した清掃ノウハウの販売を含めて、 健康と環境にやさしいメンテナンス業務。
さらに、WEBページでの人材紹介や美化、環境、清掃、人材再教育を通じて社会に貢献。
教育が進めば、WEB業務の教育、英語教育も出来たらいいと思う。
愛知県名古屋圏での生活者は200万人規模を超える。 その5%は障害を抱えている。 1%はメンタルの障害やひきこもり経験をしていると推定している。
それは今は顕在化してなくても超高齢化社会で親が要介護状態、または親亡きあとに大きな問題となることは明らかだ。
コミュニティとして支援すべき課題。
超高齢者社会、引きこもり支援には、自動車の運転難民もいる。仕事に就けない障がいもある。外出支援、コミュニケーション支援、移動支援、通勤支援、買い物支援など、さまざまなニーズがある。
電車とバスという既存の公共交通機関でも 自家用車でも移動に不自由を感じている人は潜在的に多い。
インターネットで効率的にマイクロバス、ワゴンを活用して移動支援を効率化できないだろうか??
名古屋の東は割と福祉、生活面が恵まれている。 それに対して北・西部が過疎や地盤沈下が激しい。
補助的業務への就職支援をする上でも移動支援、通勤支援が必要な人もいる。
電話で相談を受けるだけでも、対面で相談を聞くだけでも将来は変わらない。
もっと労働力不足、福祉財源不足を解決する新しい公共、新しい公助、共助を考えるべきだ。広域で愛知県内の困りごとを総合的に解決する糸口が、、
清掃会社とWEBと洗剤製造と資源回収と通勤移動支援だ。
就職困難者を組織化して、困りごとの声を吸い上げて、具体的な支援をかたちにしていきたい。
障がいがあってもできる仕事、やりたい仕事に就ける…

一年間で事務仕事をクビになって分かった職場の不条理と自分の特性

一年間で事務仕事をクビ分かった職場の不条理と自分の特性
一年間で事務職を首になりました正確には3月に始めて6月末には更新しないこと決定でした。5月末に試用期間が終わる時点でかなり、雇用主側が迷ったらしい。 判断するのは、早すぎてその後の数か月間は、消化試合でした。
なにか、間違いや修正点があるたびに、 私なりに改善策を出しても
こだわりが強い特性 注意欠陥な特性。 現実見当がない。
と否定的な見方をずっとされてきました。 たしかに、結果としてミスはあったけれど、 ミスを防ぐ工夫をさせてくれないで、ただただ、ミスするなというのは精神論でしかない。 具体的にミスをしない工夫や知恵や努力をする時間をくれないので、進まなかった。

できなかったこと。
1)入力とチェックは分けないとできない。 2)チェックはエクセルの機能を使いたい。日数計算や色分け表示などが禁止。 3)ワードは、様式を崩さずに所属氏名を入力するのに不向き。 4)ワード文書の見栄えについて感覚的で曖昧な指示で分かりにくい。 5)エクセルの機能が使用できず。データサイズが大きくなるのが禁止。 6)データをチェックするマニュアルがないと、チェックできない。 7)チェックする方法を含めて指示して欲しい。 8)作業のマニュアルが不完全だと逆に混乱する。どっちが正しいか分からない。 9)ルールがどっちか曖昧な指示だと混乱する。 10)電話してメールで確認がベストだけど、電話だけで済まそうとする人が多い。 11)エクセルで作るとワードで作れと言われる。 12)PDFと同じものをパワーポイントで作り直す無駄に納得感がない。 13)