2017年2月16日木曜日

スロージョギングは1週間で足が痛くなって変更。次に選んだ有酸素運動は?

スロージョギングを1週間続けました。


すぐに足が痛くなって挫折。

ジョギング自体が目的ではなく、その先の健康が目標ですから
ジョギングは変更して、
別の有酸素運動を探しました。

有酸素運動の候補


ヨガ、ラジオ体操、スクワット、踏み台昇降が候補ですが、

一番単純で、室内でできて、続けられそうなものを探して

もも上げ運動にたどり着きました。

有酸素運動が効果がある


やや息が上がる程度の運動で、息が苦しくなるまではいかず、

1時間ぐらい続けられる程度で、

負荷が若干かかるモノを20分以上続ける。

有酸素運動をするってこんなイメージらしいです。

インナーマッスルを使うとか、ウエストやヒップを気にする女性向けやらは

無視して、とにかく単純で簡単なものを探し、もも上げをやることにしました。

時間帯と時間にはこだわりたい


寝る前にやるのはあまりよくないようです。

朝やるのがオススメ。

食後2時間程度の時間帯がベスト。

6時に起きて7時には朝ごはんを食べ終わってと9時ごろから1時間ぐらい。

単純すぎて続けられるか不安だけれど、一応、1週間はジョグを続けた私。

もも上げ運動への決意


次の1週間はもも上げ運動を続けようと決心しました。

今日は夜も遅いので、明日の朝から始めます。

1時間は長いけど20分以下では効果が低いので、やはりある程度時間を掛けなくてはいけない。

楽せず毎日続ける


楽して健康を手に入れるのは無理なんです。ちょっと時間をかけて負荷がかかる運動をして軽く汗をかくような状態を毎日続けると決めました。

おじいちゃん体質な私ですから、いきなり激しい運動は無理。

ももあげ運動なら動画をみると単純でリズミカルで覚えやすくて、

狭い室内で一人でできて、特にコツや覚える手順もない。

ただただ、ももを上げて左右の肘を膝に近づけるようなひねりを加えるだけです。

健康器具要らず


ステッパーという健康器具も興味あります。
が、すぐに飽きて使わなくなることも目に見えています。

踏み台昇降も単純でいいのですが、踏み台を用意するのがスペース的に難しい。

狭い室内で汗を軽くかく運動をいろいろ考えて、調べた結果、もも上げ運動が有酸素運動で初心者向けで単純で反復モノで、おじいちゃんな私にぴったりそうです。

明日から始めるのが楽しみ。

スロージョギングのデメリット


スロージョグは楽しいけれど、足が痛いし、外は寒い。イヤホンを耳に入れて走ると危ないです。交通事故にあう危険もあります。

本格的にものぐさで運動不足で出不精な私。
それでも運動不足を解消するには、もはやコレしかない。もも上げ運動。

0 件のコメント:

コメントを投稿