2017年2月19日日曜日

SCHICKと貝印のT字剃刀のコスト対決

貝印のT字剃刀を買ってみた。

近所の薬局で150円で5本で売っている。
ネットでは20セットでまとめ売りだが、店頭ではバラで売っている。

http://caretaro.com/shopdetail/000000036639/

毎日一回限りで交換するタイプらしい。
1日で30円か。

5枚刃SCHICKは?


SCHICKの剃刀の替え刃は、4本で1700円だが、
1本あたり2週間が目安らしい。

つまり56日で1700円だから、一日30円。

結局は、激安に見えた貝印もSCHICKの替え刃とほぼ同じ価格だった。

そり心地


そのうえ、そり心地は、圧倒的にSCHICKの方が良い。

貝印のT字はごくごくゆっくり剃ったはずでも剃刀負けしてしまう。
プロの腕前がなくては剃刀負けだ。

SCHICKは初日こそ、切れすぎて剃刀負けするが、
2日目からは、きれいに剃れて気持ちいい。
5枚刃という優れモノ。

節約術は?


SCHICKを長めに使って80日もたせれば、一日21円。

それに対して貝印5セットでを10日使えれば、一日15円。

値段だけ見ると、貝印の方が節約できそうだ。


SCHICKの廉価版


SCHICKのハイドロシリーズのコストパフォーマンスが高いものに
ハイドロ3がある。

しかし、それよりもさらに安いのが、17本の刃とホルダーがひとつで
3000円程度のセットがある。
これはB級品なのか、若干剃り味が悪いというレビューがある。
また通常の2週間使用に比べると、このセットは1週間が使用期限らしい。

SCHICKハイドロ3と
17本セットのハイドロ5のB級品は、切れ味とコスパは、どっちがどうか?
この辺が、一番知りたいところになってくる。


さいごに


そり心地という価値を計算に入れると、結局はSCHICKの勝ちだな。

激安ハンターが良い買い物をしたと喜んでいたが、
そんな激安は、世の中にある訳ないんだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿