2017年3月16日木曜日

老けている両親に、早く親孝行したい

いつも元気だと思っていた両親だが、
ちょっとゆっくり話してみると、
やっぱり老けている。

インターネットラジオにも興味はあっても
ついていけない。
新しいことへ対応できない。

もともと、ちょっとおっとりして、やさしさだけが取柄のような両親だから、
趣味も友達も少ない。

テニスやゴルフを最近始めたが、そんなに上手くない。
株の取引も、素人で、損ばかりしている。

期待してきた私も、こんな体たらくで、失望も大きい。

駄目な人生だったと、マイナスな気持ちで沈みがちな老後を迎えているような気がする。

それでも、少ない給料をしっかり貯めて、貯金もしてきた。
つつましい生活をしてきたおかげで、自宅も建て直しできた。

立派な両親だとは思うが、

やはり、老けている。
相撲の話題が、増えているが、
買った負けた、ぐらいで、専門的な知識はなにもない。
興味が薄いのだ。
人生にも執着がない。

かわいい孫や子々孫々まで残る家系でないと悟ると、
気力が落ちていくようだ。

私も、今週の仕事で、かなり疲れた。
仕事についても、自己認識についても、コミュニケーションにも、
自信をなくしている。

ボランティアも、力が入らないし、趣味にも凝っていない。

とにかく、貧困生活で人生を楽しむのが下手な気がする。
金がない、というのがこびり付いたような生活だ。

親孝行したいときに、まだ健在でいることに感謝している。
しかし、どうすれば一番親孝行か、分からない。

私が結婚して、孫の顔を見せる、っていうのは、いきなりは無理だ。

できる範囲で親孝行したいが、
せいぜい、ネットラジオを教えてあげるぐらいしか、
思いつかない。

久しぶりの給料が、来月だ。
このまま、1年は確実に勤務し続けたい。
できたら、20年以上勤めたいのだが、私の実力では無理かもしれない。
やるだけ良い仕事をやって長く勤めたい。



0 件のコメント:

コメントを投稿